花粉の季節に酷くなるお肌・・40代敏感肌を改善するために・・!?

花粉が気になる季節になりました。バレンタインデー頃から、目の周りがかゆく擦ってしまう私。鼻水も水のように垂れ、小鼻は鼻のかみすぎで皮がめくれる日も。肌は乾燥肌に変わり、鏡を見るのが憂鬱な日々。花粉症との付き合いは、もう15年以上にもなります。

 

30代で出産を経験した頃から、春になると赤く湿疹ができるようになりました。薬を塗れば一時的には良くなりますが、また違うところから赤い湿疹が…。それの繰り返しでした。

 

ある日、久しぶりに若い頃に通っていた美容院に足を運びました。そこで、久しぶりにお会いした店長さんに肌のことを相談したのです。その美容院は、髪を整えることだけでなく、髪や肌の改善もするようなサロンに変わっていたのです。とても親身になって話を聞いてくれました。そこで、顔にも使うことができるシャンプーとトリートメントを薦められました。

 

シャンプーとトリートメントを1対1の量に混ぜ合わせ、500円玉くらいの大きさの量を肌にまんべんなくたっぷりとつけるのです。そして、数分後に洗い流し、化粧水をつけます。次に、トリートメントだけを肌にまんべんなくつけ、最後にミルクローションをたっぷりつけて終了です。

 

それを朝、晩、毎日繰り返すのです。夜は、お風呂のなかで体が温まった状態で洗い、化粧水とトリートメントはお風呂上がりにケアします。続けること5年が経ちました。世の中には、スキンケア用品が多数あり、何を使っていいか分からなくなる時があります。

 

なぜ、私が5年間も他の商品に浮気せず、続けられたのか、それはおすすめされたシャンプーとトリートメントの効果があり、そして悩みを聞いてくれ肌改善に向けて促してくれる方がいるからです。

 

口のなかに入れる食べ物に気を遣うように、肌に浸透していくスキンケア用品にも気を遣うようになった、それが40代なのかもしれません。
今も変わらず、手入れを怠る日はありません。このスキンケア用品に出会える前の日々に戻りたくないからです。

 

この五年間、一度も皮膚科へは行っていません。相変わらず、春になると花粉症の症状はでるのですが、赤い湿疹がでることはなくなりました。肌の水分量を保つことができ、少しの抵抗には肌が動じなくなったのです。本当に悩みがなくなり、自分に対して自信を持つことができるようになりました。

 

このレイラスシャンプー、レイラストリートメントのおかげです。店長さん、ありがとうございました。

 

≫ルフィーナの口コミと評判はいかに!?

40代からはアンチエイジング効果の優れた基礎化粧品を選ぼう!

若い頃はニキビなどに悩まされることもなく、きめ細かい肌でしたが少し乾燥しやすかったです。30代後半からは基礎化粧品を資生堂のdプログラムという敏感肌用のエイジングケアのものに変えました。特にトラブルは無いので助かっています。

 

dプログラムはトライアルキットもあるのでまずはそれを使って試してみるといいですよ。無香料でお肌に負担がかからないので気に入っています。保湿はもちろん大切ですが、クレンジングや洗顔もしっかりするように気を使っています。

 

夏の暑い日などは汗をかいて吹き出物がでやすい時期でもあるので、クレンジングと洗顔料のダブル洗顔は欠かしません。冬場の保湿に関しては化粧水を利用したシートパックを週に1回は行うようにしています。dプログラムのエイジングケア用の化粧水はジェル状なので保湿力もあり満足しています。化粧水と乳液だけでもしっとりもちもち感が続きます。

 

最近はアレルバリア エッセンスという美容液なのですが、化粧下地にも使える優れものもあります。日焼け止め効果もあるので夏は重宝しそうです。また、身体にも使用できるので便利です。低刺激の薬用クリームもあるのですが、こちらは冬場の乾燥する時期に使用します。目の周りは特に乾燥しやすいので念入りにお手入れします。

 

パワーバイタルソリューションという美容液は季節の変わり目などに効果を発揮してくれます。美白効果があるようなのでそれもまた使用している理由です。乾燥する冬場はやはり美容液やクリームを使用しないと美肌は保てないなと実感します。口紅やアイシャドウ等の色を楽しむのもいいのですが、40代以降はやはり肌のきれいさで勝負だと思います。

 

ファンデーションや下地でシミを隠すのもたいへんなので、今以上に増えないように美白にも気を付けています。あとはヘアスタイルもすっきりとまとめて髪が顔にかからないように注意をしています。季節を問わず半身浴などでよく汗をかくようにもしています。

 

なかなか運動する機会がないので、お風呂タイムは長めにします。夜寝る前には目の周りだけコットンに化粧水を含ませたものを張ってリラックスすることも続けています。寝る前のお手入れは時間をかけて、丁寧にスキンケアに集中することによって、朝のお手入れが簡単に済ませることが可能になってきます。高価な美容液をたくさん試したこともありましたが、自分にあった化粧品を使用し続けることが大事だと思いました。

40代でセラミド美容液の効果を実感しました!

40代に入り、育児真っ最中の現在ですがお肌のかさつきで困り果てておりました。
確かにケア不足を痛感してはいましたが、ここまでひどくなるとは流石に想定外でした。
そこで、「乾燥肌にはどういったケアが必要か?」調べていたところに「セラミド」という事を知る事が出来ました。

 

乾燥と刺激から、お肌を守る為に欠かせない存在なのが、「セラミド」との文字がありました。
まさに、私のお肌は乾燥そのものでした、潤いがゼロでしたね。

 

そこで、お肌はひどく乾燥状態にありましたが、アトピーや肌あれなどにも効果が大きいとの、評価があった「セラミド」の存在を信じてのセラミドのお試しとなりました。

 

沢山の情報がありましたが、当時の私のお肌は完全にバリアがない状態だと判断しました。
乾燥している上に、何だか汚いとも思えるお肌の状態にありました。
セラミドが不足している事は勿論の事、育児での疲労と睡眠不足で、とても日常のスキンケアだけでは追いついていない実情であったのです。

 

乾燥により、セラミドも不足しており、肌を保護するバリアも崩れていましたので、それが原因となって細菌にも感染している事もわかりました。

 

セラミドの存在を知り、お肌の細菌感染迄も知る事が出来ました。

 

そこで、一度細菌感染しているであろう?自分の肌の現実を知る上で皮膚科を受診しました。
案の定の見解でしたので、当面完治するまでは皮膚科の継続受診で対応しながら、「セラミド」について勉強しました。

 

当時40才を迎えていた自分にも、どういったスキンケアでセラミドを補っていくのが理想であるのか?年齢を踏め得て上で検討しました。

 

40代、まだまだ若いとは思いたい年齢でしたが、現実のお肌はと言いますと。
皮膚科受診を必要とするほどの状態であったのです。

 

そして、40代のセラミド化粧品として何を選択するのが自分のお肌にとって必要な事か?
アンチエイジングの視野に入れる必要性もある年代になっていますよね?
保湿からコラーゲン迄と欲張りたいのが本音の年代です。

 

40代のお肌の実態として、なんと20代の時に比べるとお肌の水分量は何と半分になっているとの事。既に表面を保護するだけの保湿効果のみではとても追いつかいのだ、理解する事が出来ました。お肌の内部にしっかりと入り込む事が出来るセラミド配合の化粧水の存在が肝要だと理解するところから始まりました。

 

 

 

そこで、何を選択するのがよいのか?私が最初に目に止まったのが、「松田聖子さん」がイメージキャラクターとして起用されている富士フィルムの「アスタリフト」です。
聖子さんの年齢から、あのお肌。一度使用してみたくなりました。
化粧水・ゲル・美容液の3点セットでお試しとして1000円のモニターを利用して使って見る事にしました。5日間のセットでしたが、1日目の使用でお肌が贅沢をしているのが判りましたし、お肌がこうした高保湿を欲しているのを実感する事が出来ました。
お肌が潤っているのが使用感からも実感出来ましたし、翌朝のお肌の張りが全然違う事を痛感しました。富士フィルる独自の「ナノ技術」もとても評価できる化粧品だと思いました。
ハリと潤いをキャッチフレーズにしている「アスタリフト」ですが、文字通りこのハリと潤いをモニター期間の5日間で、実感する事が出来ました。
継続して使用する事で、聖子さんの様な美肌も夢でないと思える化粧品でした。
高保湿が必要な年齢だけに、本気で綺麗になりたい。
そんな40代女性には「アスタリフト」おすすめしたいです。