40代のシミの原因メラニン色素について

シミの原因というと紫外線によるメラニンというのはよく聞きますよね。
そんなメラニン色素の生成ですが・・

 

@紫外線が表皮細胞にあたる
A表皮細胞から情報伝達物質エンドセリンが分泌
Bメラニンをつくるメラノサイトにその情報が伝達される
Cメラノサイトからメラニンが生成される
D表皮細胞にメラニンが取り込まれる

 

という流れです。また紫外線だけではなくて、
肌に何かしらのダメージを受けることでメラニンが生成されることもあります。

40代は特に肝斑とシミの対策を徹底する必要がある??

働き盛りで大活躍の40代は、日常の生活の中でもストレスを受けやすい世代です。毎日の家事、育児ももちろん、職場では管理職に就く女性もいらっしゃいます。そんな中で溜まってしまったストレスは、肌に影響を及ばしてしまいます。

 

また、40代は女性ホルモンも大変乱れやすい時期になっています。ホルモンの乱れも重なり、いつもより疲れやすくなってしまったり、シミやシワが目立ってきてしまう世代でもあります。しかし、忙しい毎日でもきちんとお手入れをすれば、いつまでも若々しく肌を保つことも可能です。

 

40代の肌トラブルの悩みで多いのはずばり「シミ」です。長年浴びてきた紫外線が蓄積されて、シミとなって肌に現れてしまうのです。40代はこれまで以上に、紫外線対策を万全にすることをおすすめします。効果の高い日焼け止めクリームを使うことはもちろん、帽子や日傘などを兼用することでさらに紫外線対策の効果が期待できます。また、ビタミンCを積極的に体内に取り入れることも重要です。

 

中には、野菜の栄養素などを摂ることでシミ対策ができるというお話しも耳にしたことがあります。
グリーンスムージーなどもおすすめかもしれませんね。

 

 

紫外線が原因のシミだけではなく、老人性色素斑のごく初期の薄いものも肌に現れてしまうのがこの年代です。頬骨の高い位置にできやすい、丸い薄いシミのことです。また、同じ頬骨あたりに、もやもやとできてくるシミは「肝斑」です。

 

肝斑は女性ホルモンが関係していると言われています。紫外線や、ニキビの跡などが、シミとなって肌に現れてしまうのが、ちょうど40代なのです。現在では、化粧品やスキンケア用品にも、ビタミンCやハイドロキノンなどの美白成分が含まれているものもたくさん販売されています。

 

それらの成分が含まれた化粧品やスキンケア用品を積極的に使用していきましょう。シミの次に多い悩みが、「シワ、たるみ」です。シワやたるみが出てしまう主な原因は、コラーゲン不足です。真皮の約7割を占めるコラーゲンは、残念ながら40歳をピークにどんどん減少してしまいます。そのため、40代で特にシワやたるみが気になってしまうのです。

 

そこでコラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸などの成分に注目することをおすすめします。先ほどの「シミ対策」のビタミンC誘導体は、シミのケアだけでなく、コラーゲンの生成のサポートも担っています。食品や化粧品、スキンケア用品など、成分を確認して使用することで、肌の悩みの種である、シミやシワ、たるみに効果的です。

 

毎日のお手入れの継続で、シミ、シワ、たるみの目立ちにくい肌づくりが可能です。

 

40代肌老化は受け入れてスキンケアをしっかりとすること!

40代になると急にシミが増えてきたり、お肌の張りがなくなってきたり、なんだかお肌がくすんで見えたり、今までとはあきらかにファンデーションのノリが変わったと感じることがあるでしょう。
どうしてもホルモンバランスが乱れやすくなるといった生理的な現象もともない、肌機能の衰えも出始めてくるのがこの時期です。
きちんとしたお手入れをしていれば、そんな悩みともお別れできる若々しいお肌を保つこともできます。40代に必要なスキンケア、きちんとしたお手入れとはどういうものでしょう。

 

【現実を受け入れた基礎化粧品】

 

40代というお肌の老化を感じたタイミングでその現実を受け入れた基礎化粧品を使うというのが大きなポイントとなります。
シミが気になっても、今までは隠すということに力を注ぎ、スキンケアよりもコンシーラーでカバーするといった方法だったものをこれ以上シミが増えないように喰いとめる為、スキンケアに力を入れていくということが大切になってきます。

 

失敗しないためのスキンケア選びで大切なのは、低刺激・保湿・抗酸化作用のあるものを選ぶことです。肌の老化をふせぐ、抗酸化作用のあるものを選ぶというのが重要なポイントです。保湿が大切なのは、肌が乾燥していると、バリア状態がないのと同じで肌がダメージを受けやすくなってしまいます。肌を乾燥させない、保湿力を高める働きのある、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドといった美容成分の入っているものを選ぶと肌の保水状態を保つことができます。
そもそもお肌に刺激を与えてしまっては、本末転倒、肌への負担をかけずに、しっかりと保湿をしていくことが大切になるので、低刺激のものを選ぶのを忘れないようにしましょう。

 

【有効成分配合でお肌に栄養を与えましょう】

 

30代までは、有効成分がたっぷりと配合されたものを使うと、栄養を与えすぎて、ニキビの原因となることもありますが、40代のお肌は、栄養不足なので、栄養を補ってあげるようなスキンケアを心がけるのがいいでしょう。

 

おすすめは、低刺激という観点からも天然成分が配合されているもので、コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体、セラミド、プラセンタといった美容成分が含まれている製品。
肌への浸透性に優れた有効成分が配合されているものを選ぶことで、お肌の老化を防ぐことができるでしょう。目元のしわが気になる場合は、目元用の美容液を取り入れるのもいいでしょう。

 

年齢は首、デコルテに出やすいとも言われますので、フェイスだけでなく、しっかりと首のラインまでケアするように心がけましょう。