40代の顔のくすみとファンデーションについて

 

 

私は40代半ばですので、昔はバブル期に厚化粧をしていましたが、バブル崩壊と共に私の化粧も崩壊し、素肌に目覚めました。

 

 

今は、ポイントメイクのみでファンデーションは25歳からは一切使っていません。

 

 

アイラインとアイシャドー、口紅程度です。マスカラもコンタクトなのでゴミが入ると痛いのでしません。インテリアコーディネーターとゆう仕事柄、お客様に間近に接することも多いのですが、問題はありません。

 

 

なぜファンデーションを止めたかといいますと、肌がとてもオイリー肌になり、化粧を落としてから就寝後、翌朝顔がべたべたな状態が長引き洗顔料・化粧水を変えたりしましたが一向に治りませんでした。

 

ですので、えいや-!

 

でいっそうファンデーションを止めてしまえと思って止めましたところ、1週間ほどオイリーは続きましたが、だんだん油分が落ち着きだし、反対にしっとり感じるようになってきました。

 

 

その頃は若かったからじゃないのですか?と思われると思いますが、現在45歳ですがしっとりを維持できています

 

 

。ところで、何をどう変えたかの本題に入りますが、ファンデーションをしなくなったので、洗顔料を止め、固形石鹸(石鹸成分のみのもの)に変えました。これでポイントメイクもきちんと落ちます。良く落ちる分洗顔後のツッパリ感は半端ではありません。

 

 

 

そこで洗顔後にはあんず油(無添加のもの)を1滴手のひらの体温で伸ばして顔に塗ります。油分を塗るので、べたつくのではと思われるかもしれませんが、たった1滴なので感覚的にはべたつき感は全くありません。

 

 

 

翌朝ですが、洗顔は、前日の入浴の時にきっちりとしていますので、蒸しタオルで顔を覆い、その後石鹸を使わずに水洗いのみで終わりです。この生活に変えてから、年齢の割にシミもなくきれいな肌ですねといわれます。

 

 

 

今になって思いますが、洗顔料を使用していたころ、何度ゆすいでも、なかなか泡が落ちた感覚がなかったり、化粧水も付けていないのにしっとり仕上がるのも変な話です。夏場は日焼けとか気になり、日焼け止めをしなくては?と思われますが、あんず油の膜があるせいか、そんなに日焼けが気になりません。

 

 

 

これも個人差かもしれませんが、私の場合、ある程度肌が強いのでこれで大丈夫なんだと思います。反対に化粧水パックのようにコットンに化粧水をしみこませてパックしましたら、翌朝は少し油分が多くなっているような気がします。

 

 

 

乾燥はしわの元の大敵ですが、肌に体力をつけてあげ、過保護にないほうが気分亭にも経済的にも良いと思います。化粧品で浮いたお金で、良い食事を取り、内面から自分専用の美容液が出てくれば、一生物です。

 

 

 

最後になりますが、早寝・早起きは、最高の美容習慣です。私は、ここ5年ほど実行していますが、目の下のクマが全くなくなりましたし、何より便秘が解消されて、肌がさらに調子が良くなりました。実行する価値は十分にあると思います。

 

 

40代におすすめの基礎化粧品ラインはコチラ